重要な役割り

オートロックインターフォン

防犯上で、鍵を交換することはデータ上でも非常に効果のあることだということが立証されています。 防犯上でなぜ鍵が重要な役割を果たすのでしょうか。それは、空き巣のほとんどが鍵をこじ開けて住居の中に侵入するからです。 窓や玄関の鍵が脆弱だと、その部分から空き巣に入られることになるため、いくら市販のグッズで対策をしていたとしても意味がありません。 防犯グッズが役に立つのは、住居に入ることが困難であるということが前提であることを忘れてはいけません。 また、防犯を意識するのならば全ての鍵を交換する必要があります。 一部の部分だけ脆弱になっていると、間違いなくその部分だけ狙われてしまうことになるため、設置するときには注意が必要なのです。

鍵交換によって空き巣や強盗を防ぐことが出来る根拠があるのは、侵入経路や実際に侵入するための時間を警視庁が統計的なデータとして犯人から聴取しているからです。 これは、公に公開されているものなので防犯対策をするのならば知っておく必要があります。 空き巣は、住居に入るための時間に関して5分以上かかると判断すると、その時点で7割の空き巣が犯行を諦めることがわかっています。 さらに、住居に入るための時間が10分以上になると9割の空き巣が諦めることになるのです。 この結果から、玄関や窓の鍵を交換して住居を侵入するまでの時間を稼げば、それだけで空き巣や強盗を防ぐことが出来るようになることがわかるのです。 防犯対策は、鍵交換によって時間を稼ぐことが大切だということを理解する必要があります。